賃貸・持ち家・マンション・一戸建て・・・あなたのベストホームの形は?

住宅建築における建築コスト

マイホームの購入や新築をする際に、通常であればできるだけ低コストで良い住宅を実現したいと考えるのが普通ですが、そのためには建築コストやライフサイクルコストについて知識を持つ必要があります。
建築コストを下げるには様々な方法がありますが、新築時のコストだけを重視するのではなく、建物が寿命を迎えるまでの間にかかるコストも重要な部分となってきます。
このような考え方を、新築時の建築コストに対して、ライフサイクルコストと呼び、住宅以外の大規模建築物では一般的に計画されている内容となります。
新築時のコストを抑える手段には、低価格の材料を使ったり設備機器のグレードを落とすという方法があります。
例えば、内壁に使用するビニールクロスでは厚さの違いもありますし、機能性壁紙と呼ばれる特殊な性質を持った材料があります。
低コストを意識すれば、薄手のビニールクロスを使用する方法がありますし、内壁だけではなく床や天井、外壁材料に対しても使える低コストのための手法と言えます。
設備機器に関しても高機能な商品ではなく、最低限の機能を持った物を選択すれば低コストを実現することが可能です。
ここで注意しなければならないことは、低コストと低品質とは違うという点になります。
低品質の材料や設備機器の耐久性が低いのは、世間一般の常識としてありますので、内壁であれば張り替え、設備機器であれば交換頻度が高くなるのです。
新築時には低コストで済んでも、交換頻度が高くなればトータルコストは逆に高くなってしまうのです。
このようなトータルコストまでを検討して設計プランを作ることをライフサイクルコストと呼び、省エネルギーなどの環境負荷を重視する現代では大切なものになっているのです。
ライフサイクルコストを意識すれば、購入価格が高くても耐久性が高くなればその分トータルコストを抑えられますし、エアコンなどの空調機器では高性能なほど節電効果が高まりますので、トータルで考えると省エネルギーに繋がるのです。
最近では住宅建築にもライフサイクルコストの考え方が定着していますので、新築住宅では大切な検討要素になると言えます。